脱毛サロンの「月額制」の本当の意味とは?

最近では脱毛料金が「月額制」と謳っている脱毛サロンが多くなってきましたが、この「月額制」もサロンによって意味合いが少し違ってくるって知ってましたか?ひと言で「月額制」と言ってはいるものの、大きく分けて3パターンあるようです。

◆ 会費型
巷に溢れているフィットネスクラブ、スポーツジムなどは入会した後は毎月一定の金額を払うことになりますよね。脱毛サロンの月額制もこのタイプのところがあります。キレイモ、脱毛ラボがそうです。

このタイプのメリットは気軽に脱毛が始められることです。脱毛サロンに通い始めるときに高額のコースを契約するわけではなく、月々決まった金額を払い始めるだけなので、脱毛開始時の初期コストが安く済みます。また、嫌になったらすぐにやめられますし、やめたら払う必要はなくなります。この点においては金銭的なリスクは低いと言えます。キャンペーンなどで初月無料という場合もありますから、うまく利用すればかなりお得になります。

デメリットとしては通い続けたい気持ちはあるけど、忙しくてなかなかいくことができないという場合もお金を払わなければならないことです。1か月の間に1回も行かなくても払わなければならないわけです。会費型ですから。

日々の生活の中で脱毛サロンに確実に通える時間が取れる方に向いていますが、毎月コンスタントに通うことができない方には向かないですね。


◆ ローン型
キレイモと脱毛ラボ以外で「月額制」と謳っている脱毛サロンはこのローン型です。「〇〇脱毛6回コース」の料金を月々支払う分割払いにするわけです。月々、無理なく支払いができるように分割払いの回数を調整して、1回の支払いが1万円に満たない程度の金額にしているようです。

このローン型のメリットは毎月通う必要はないということです。自分のペースで通うことができます。例えば全身脱毛の6回コースの場合、毛周期に合わせて2~3か月に1回のペースで店舗に行き、1年~1年半ぐらいで全コースを終了します。脱毛サロンに行くタイミングでうまく予定を空けるようにすれば問題なく最後まで通えるでしょう。

このタイプの脱毛サロンは銀座カラー、シースリーです。

◆ 期間契約型
決まった月額料金を契約期間中払い続けるというタイプです。月額が9500円で12ヵ月の契約なら、9500円×12になります。このタイプは基本的にコース契約をするので、通い始める時にコースの料金が決まり、その料金を月々払うことになります。

このタイプのメリットは特にありません。コースの契約をしてしまうわけですから、途中でやめたとしても返金されないことのほうが多いです。しかし、毎月きちんと最後まで通えるという方はエターナルラビリンスのように料金が安い脱毛サロンならいいかもしれません。縛りがあって不自由を感じる分、安くリーズナブルに脱毛できると考えられればそれがメリットになるからです。

ここでおすすめするのは金銭的にリスクが少ない「会費型」の脱毛サロンです。ただし、毎月コンスタントに通うことができなければメリットがなくなりますから、予約が取りやすい脱毛サロンを選ばなければなりませんし、脱毛サロンに通うということを意識してマメに予約ができるということが前提になります。そういう意味では24時間いつでもネットで予約ができて、予約がとりやすいと言われているキレイモをおすすめします。